奢侈は常に資産の不平等に比例している(モンテスキュー「法の精神」より)

奢侈は常に資産の不平等に比例している。国家内で富が平等に分配されていれば、奢侈は...

Posted on

人、其(そ)の家に生まれ、其の道に入らば、先づ、其の家の業を修すべし、知るべき也(「正法眼蔵随聞記」より)

(訳文)人、それぞれの家に生まれ、その家業の道に入るについては、まず、その家業を...

Posted on

喜とは随喜なり、他の善を見て猶(なお)し己が如くにす(空海「十住心論」より)

(訳文)喜とは他者の善行を喜ぶこと。他者の善をみて自分のように喜ぶことである。 ...

Posted on

わが身にしかと納得せずには、人の心は動かせぬ。自分の魂からほとばしり出て力強く切々と語るのでなければ、聴く者の心は得られぬわけだ(ゲーテ「ファウスト」より)

マーケティングという世界がある。書店に行けば、マーケティングに関する書籍が百花繚...

Posted on

怨みに報ゆるに徳を以ってす(「老子」より)

(訳文)怨みごとに対して恩恵で報いる 発端は、同僚に対して少しの悪感情を抱...

Posted on

仏に逢うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺し(「臨済録」より)

(前後を含めた訳文)お前たちよ、正しい見解を得ようと思うならば、何はともあれもの...

Posted on

君子もって虚にして人を受く(「易経」より)

君子もって虚にして人を受く(「易経」より) (意味)君子は心を空っぽにして、人の...

Posted on

徳は孤ならず。必ず隣あり。(「論語」より)

徳は孤ならず。必ず隣あり。(「論語」より) (意味)道徳のある者は孤立しない。き...

Posted on