サービス

営業強化系

③ 一点集中突破経営コンサルティング

20代のころ、必死でマーケティングの勉強をしていました。しかし、「やはり実践が大切だ!」と思い立ち、30代になって、「宣伝会議」という雑誌の「宣伝大賞」に、5年連続でチャレンジしました。「宣伝大賞」とは、50くらいのテーマが与えられ、そのテーマに対するキャッチコピーを作るのです。終業後、すぐに喫茶店に飛び込み、毎日毎日、何時間も何時間も、必死でキャッチコピーを考え、ノートに書き出しました。結果、さすがにグランプリはプロの若手コピーライターが受賞しました。私は、2次予選通過1回、1次予選通過3回、落選1回でした。ちなみに、1次予選通過率は、わずか3%です。「2次予選通過1回」は、今でも私のささやかな誇りです。

私は、営業系のコンサルティングを行わせて頂く場合、「チラシ作りやキャッチコピー作りも行わせてください」と申し上げることにしています。なぜか?いくら立派な「マーケティング戦略」があっても、それを実行する「営業力」がなければ、「マーケティング戦略」は水の泡です。「営業力」がある営業マンがいたとしても、営業マンの数が少なければ、営業成果は限定的になるかもしれません。中小・中堅・ベンチャー企業様には、本当に優秀な営業マンがおられます。しかし、大企業と比較した場合、営業マンの数という点では、どうしても劣ります。そこを、私は補いたい。つまり、クライアント様の営業マンの一人になったつもりで、チラシ作りやキャッチコピー作りに挑むのです。

更に、そこまでする最も重要な目的は、そうして現場にドップリ漬かることで、初めて見えてくる営業上の本質的な課題があるのです。営業マン不足を補う一人の営業マンとなりつつ、貴社の営業力強化と売上向上に貢献したいと考えております。