平成28年12月の俳句

Posted on

病臥し 走れず終わる 師走なり

冬病(ふゆやまい) 漱石一冊 読んだのみ

病こそ 厄払いだと 友の言う

スカイツリー のん気でいいな 冬日和

にゃあにゃあと 近所の猫も 年の暮

註)「厄払い」は冬の季語。